内蔵種別冷え性を改善する方を試してみました

秋になると乗り物の爪先が冷え、至急しもはなはだ至るくらいの冷え性だ。
これまで、乗り物の冷温の発展ばかりに気を配っていました。

但し、ある日TVで内蔵パターン冷え性の認識を通していたので、自分の腹を触るとヒンヤリとして白々しいことに気がつきました。
内蔵パターン冷え性は、自覚し難いのが習性だそうです。
原因は、ストレスや寝不足、活動片手落ちなどさまざまです。
私のとき、食事や活動片手落ちが原因だと思います。

今まで爪先を暖めることばかりを考えてきましたが、こういう内蔵パターン冷え性を改善するためにいくつか試してみました。
まるで、サパー後のスウィーツに刺々しいアイスを食べるのをやめておこうと思いました。
毎日本職を頑張ったご褒美にたえずアイスを食べていたのですが、刺々しいアイスは内臓からカラダを冷やしてしまう。
但しご褒美のアイスを押さえつけるとストレスが溜まってしまう。
折りあい案として、白々しいアイスに優しいキャラメルルーツやチョコルーツをたらりというかけて、人懐っこいコーヒーや紅茶と共に食べます。そうやって、腹に入れば常温になるようにしました。

また、家でストレッチングレベルを行い、腹筋や背筋、そして腕立てふせなどカラダを鍛え上げる活動もしました。
筋肉は体温を上げてもらえるそうです。

依然として始めたばかりなので効果はわかりませんが、これも禁物なら住まいにおける間は腹巻をしようと思います。誰にも見せられない。体の黒ずみは、オイルでケアできる。