「ダイナミック」を目指すのにクタビレることもあるんですね

わたくしは元々それほど丈夫なお客ではなく、このところは「疾病」というほどではないけど、どうも恰好が低いな、という、不確か体の不調を感じることが増えてきました。バイタリティそうなヤツを見ると素晴らしいなぁ、あんな風に望むなと思ったりすることもあります。
少し前、とっても具合が悪かったら、身体を丈夫にしようと一念発起して、プールに通ったり日毎散歩をしたりしたこともありました。「がんばらなきゃ!」という、長らくはやっていたのですが、忙しくなったり降水が続いたりで、いつの間にかおっくうになってしまい…。あんな自分に「わたくしって駄目だな、なぜ途切れるんだろう、こんなですから具合も良くならないんだよ!元気にならなきゃいけないのに!」というダメ出しをし、凹んでいました。けれども…そのうち、独力を批判激励して、やりなれないことをやらせて、続けられないことを叱り飛ばして、なのでちゃんと元気になるのか?といったちらっとヒアリングがわいてきました。
そんなことを考えているうちに、「バイタリティじゃないわたくしで何が乏しい!」という心中が。ああそうか、わたくしは「元気にならなきゃ」ということや、「バイタリティを目指す要素」にちょこっとクタビレてたんですな、と気が付きました。
ならば、いったん元気になろうとするのは保留に決める、どのくらいバイタリティかどうかはきちんと気にせずに、「なるべく頭や身体が喜びそうな要素」を通してみようとして、ココ3か月ほど過ごしています。「なので快調になれました!」という書き込めるというファッショナブルのですが、そうはいかず…(笑) それでも、この方がわたくしに合っているようで、少々の不調がありながらも、前よりも心は軽やかにやりくりできているようです。そうして面白いことに、「気が向いた時に講じる」と決めた散歩も、前よりは粛々と伺えるようになってきました。

「○○しなさい」と言われるてやる気がなくなってしまうのは、誰にも経験があると思います。それでもこれって、自力に対してもそうなんですね。そんなことを思いながら、「身体」との付き合い方を練るのって、通常「自力との付き合いお客」を考える要素なのだろうなと思いました。エイジングケアのために飲むサプリメントは、どれがいい?えっ、そんな薬があったの?